プロフィール

長野で頑張るクラウドサービスエンジニア
最近はAzureやEnterprise Mobility Suiteなどクラウド製品が主ですが、System Centerなど色々なことにも挑戦!
名前:75R
所属:Livestyle

カテゴリー
注意事項
本ブログに記載している内容は、検証環境にて実施した結果になります。実際設定等行う際は、自己責任でお願いします。少しでも参考になればと思います。

PowerShellから仮想マシン作成時に、ストレージエラーとなる on Azure

AzureにPowerShellから仮想マシンを作成するときに、ストレージエラーが発生することがあります。
エラー内容は、下記

CurrentStorageAccountName is not accessible. Ensure the current storage account is accessible and in the same location or affinity group as your cloud service.

PowerShellで
Get-AzureSubscription
を実行すると、サブスクリプションの情報が分かります。
その中の、「CurrentStorageAccountName」がからではないでしょうか。

33

ここに、使いたいストレージを設定しておかないとエラーとなるようです。

下記コマンドで、設定します。

Set-AzureSubscription -SubscriptionName "Free Trial" ` -CurrentStorageAccountNameストレージアカウント” -PassThru

再度サブスクリプションの情報を見てみます。
「CurrentStorageAccountName」に、設定したストレージアカウントが表示されます。

これで、仮想マシンが作成できるようになります。

設定したストレージでないところに、仮想マシンを作成するには、再度設定しなくてはいけないのでしょうか・・・?
何かの際に調べてみます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする