プロフィール

長野で頑張るクラウドサービスエンジニア
最近はAzureやEnterprise Mobility Suiteなどクラウド製品が主ですが、System Centerなど色々なことにも挑戦!
名前:75R
所属:Livestyle

カテゴリー
注意事項
本ブログに記載している内容は、検証環境にて実施した結果になります。実際設定等行う際は、自己責任でお願いします。少しでも参考になればと思います。

ADFSでO365にシングルサインオンしよう! Part2

今日は、Windows NLBの設定です。
ADFSサーバーを2台で冗長するためです!

前回のADFSの構築は、下記です。
ADFSでO365にシングルサインオンしよう! Part1

▼Windows NLBの設定

1) 機能の追加

「サーバーマネージャー」→「役割と機能の追加」→「機能」から「ネットワーク負荷分散」を選択します。
管理機能もインストールします。

2) ネットワーク負荷分散の設定

「スタート」から「ネットワーク負荷分散マネージャー」を起動します。

3) クラスターの作成

「ネットワーク負荷分散マネージャー」が起動したら、「クラスター」タブから、「新規」をクリックします。
「新しいクラスター」画面が表示されるので、

ホスト:ADFSサーバー名

を入れ、接続します。
接続すると、インターフェイスにIPが表示されます。

4) ホストパラメーター

次の画面では、このホストの優先順位を決めます。
このADFS1は、プライマリにします。
何もせず次へ。

5) クラスターIPアドレス

クラスターのIPアドレスを設定します。
「追加」からIPを追加します。

6) クラスターパラメーター

IPアドレスは、クラスターIPが入力されています。(画像は、消しています)
「フルインターネット名」を入力します。
ここには、フェデレーションサービス名を入力します。
例) adfs.test.jp

クラスター操作モードは、任意のを選択します。
ここでは、ユニキャスト。

7) ポートの規則

ひとつ追加されています。
編集します。
フィルターのモードを変更します。

アフィニティ:なし

8) 1台目完了!

サーバー名のところが砂時計マークが表示されています。
これがグリーンになったらOKです。
MACアドレスが変更されるので、念のため再起動しておきましょう。

9) 2台目クラスター追加

2台目をクラスターに追加します。
「ネットワーク負荷分散マネージャー」の左側、フェデレーションサービス名名を右クリックし、「ホストをクラスターに追加」をクリックします。

10) 接続

ホスト名: 追加するADFSサーバー名

11) ホストパラメーター

追加するホストの優先順位を設定します。
ADFS2は、セカンダリなので2にします。

12) ポートの規則

ここでは、プライマリサーバーの設定がされているので、何もしないで完了。

13) Windows NLBの設定完了

両ホストが緑色になっていればOK。

今回は、ここまで。

次回は、Web Application Proxyの構築。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする