Azureの仮想マシンの死活監視をLog Analytics(OMS)でやってみる!

こんにちは!

今回は、Azureの仮想マシンの死活監視をLog Analytics(OMS)で行ってみようと思います。

ことの発端は、Azureのみで仮想マシンの監視を行いたい!と思ったからです。
大規模な環境であればSCOMを使えばいいと思います。
ですが、小規模だとAzureだけで完結したいです。

標準機能だとパフォーマンス監視ぐらいしかできないですね。

どうしても死活監視がしたかったのです!!

では、まずはLog Analyticsの環境を作りましょう!

1、Azureポータルにログインして、Log Analyticsを開きます。

2、「追加」ボタンをクリックし、OMSワークスペースの作成で必要事項を入力し作成します。
  死活監視だけならFreeプラン(無料)で問題ないでしょう!

3、ワークスペースができたら、Azure上にある仮想マシンを登録します。
作成したワークスペースを開き、「ワークスペースのデータソース」の「仮想マシン」をクリックします。

4、今のサブスクリプションにある仮想マシンが表示されます。
監視したい仮想マシンをクリックします。
今はまだ「OMS接続」が「未接続」となっています。

5、上部に「接続」ボタンがあるのでクリックします。
  この時、仮想マシンに拡張機能をインストールされるので起動しておく必要があります。

少しすると接続が完了します。
接続されるとこのような表示になります。

6、接続が完了したら、「OMSワークスペース」に戻り、「OMSポータル」を開きます。

7、OMSポータルが開くので、「ログ検索」を開きます。
  英語表示になっている場合は、右側の地球みたいなマークから言語を変更できます。
  ついでに、「Settings」に登録されているサーバーの台数が表示されていることを確認します。

8、「ログ検索」のページで検索ボックスがあるので、そこに「Type=Heartbeat」と入力し右側の虫眼鏡マークをクリックして検索します。

検索すると、Heartbeatに関するログが表示されます。
これは、OMSエージェントのハートビートを監視しているようです。
時刻を見ると1分おきにチェックしています。

9、次にアラートの設定をします。
上部の「アラート」をクリックします。

10、「アラートルールの追加」が表示されるので、各項目を入力していきます。
大事な個所はスケジュールの「結果の数」です。
ここを「次の値より小さい」を選択し、右側には「1」を入力します。

アラートのメール配信する場合は、右側の「件名」と受信者を入力します。
全項目入力したら、保存します。

これで死活監視のアラート設定は完了です。

そして、アラートメールはこちら



これで死活監視できますね!

アラートの解除方法

1、OMSポータルの設定を開きます。

2、「Alerts」を開き、作ったアラートルールの「ON」を「OFF」にします。

これでアラートを無効化しました。

今回はAzure上の仮想マシンの監視を行いましたが、OMSのエージェントをインストールすればオンプレミスの仮想マシンも監視できます。

ただ、インターネット経由での監視になるので通信状況によっては無駄なアラートが発生してしまいます。
この辺は、Azure Monitorがもう少し進化したらOMSから切り替えられるかもですね!

シェアする

フォローする