Azure Managed DiskがGAされたので仮想マシンを作ってみた!

こんにちは!

大変ご無沙汰になってしまいました…
今年こそはちゃんとブログを更新しようと思っていたのに…
そんなこんなで、今年1つ目の記事は、「Azure Managed DiskがGAされたので仮想マシンを作ってみた!」です!
Azureの仮想マシンに付随するリソースっていろんな制限があるのです。

今回はディスク(ストレージ)の制限をなくしてくれる画期的な機能です!
Azureのストレージにはいろいろな制限があります。

  • 容量は500TBまで(たしか…)
  • ストレージアカウントの管理
  • ストレージアカウントごとのIOPSの制限(ストレージアカウントにつき20,000IOPS)

などなど…
もうこれからはこれらの制限を気にしなくてもよくなります!
それが「Managed Disk」という機能です。

その名の通り、Azureがディスクの管理を行ってくれます。

なので、ストレージアカウントを作る必要もないですし、IOPSも気にしなくていい!

素敵な機能ですね!!!!!

早速試してみました!

どこからManaged Diskの設定を行うのかなーと思い、まずはストレージアカウントの設定を見ましたが違いました…

次に仮想マシンを作る画面を確認…
ありました!!!

いつもは、このStorageのところにストレージアカウントの設定箇所があるのですが、「管理されたディスクを使用」を「はい」にすると設定項目が消えます。

あとは、いつも通り設定して仮想マシンを作成します。
仮想マシンの作成が完了したので、ディスクの設定を見てみます。


ストレージアカウントの種類が、「Standard_LRS」になってることがわかります。

現在は、ローカル冗長しかないようです。
これは、SSDのPremium Storageも同じです。

今後、ジオ冗長なども対応してくるといいですね!

あと、スナップショットも取得できます。

新規作成のところで、「SnapShot」と検索します。

次にスナップショットをとるディスクを選択します。

ここでは、128GiBのOSディスクと10GiBのデータディスクが表示されます。

クラシックのVMでは、キャプチャという機能でOSディスクとデータディスクを一緒にイメージ化できましたが、このスナップショットではOSディスクしかできませんのでご注意ください!

色々と制約のある機能ですが、かなりいい機能だと思います。
今後に期待です!

シェアする

フォローする