Azure リソースプロバイダーの登録

LINEで送る
Pocket

Azureリソースプロバイダーとは、Azureの各サービス(仮想マシン・ネットワーク・ストレージなど)を管理できるようにするAPIの様な物です。

 

AzureをPowerShellで管理・構成する際にリソースプロバイダーが存在しないとのエラーが表示されることがあります。

179

 

上記のエラーは、Add-AzureRuleを実行した際のエラーになります。
この時は、「Microsoft.Insights」というリソースプロバイダーが登録されていませんでした。

 

では、現在の登録済みのリソースプロバイダー確認方法をご案内します。

1、Azure リソース モードに切り替え
Azure PowerShellを起動し、下記コマンドを実行します。

Switch-AzureMode AzureResourceManager

 

2、登録済みリソース プロバイダーの確認

Get-AzureProvider

 

表示された結果の中に該当のリソースプロバイダーがあるか確認します。
ない場合は、下記コマンドで登録します。

 

1、リソース プロバイダーの登録
ここでは、「Microsoft.Insights」を登録します。

Register-AzureProvider -ProviderNamespace Microsoft.Insights

 

2、リソース プロバイダーが登録されたこと確認

 

Get-AzureProvider

 

これでリソースプロバイダーの登録は完了です。

上記のAdd-AzureRuleも正常に登録できました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です